日本はまだ大丈夫だ。年越し派遣村在住で職を選べるんだもん。

9年間、愛知県や静岡県の自動車工場で働いてきたから、自動車関連の仕事ばかり約30社に応募してきたが、雇ってくれるところはなかった。昨年末、ホテルの住み込み清掃員に採用が決まりかけたが、「給料が安く、将来につながらない」と断った。「自分は人見知り。営業や居酒屋の店員などは難しい」と今も自動車関連の仕事を探し続けている。

引用元: 元派遣、再就職に“心の壁”…「接客苦手」職種にこだわりも : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

4月から社会に出ますが安心しました。

資格を持たない人には、再就職は難しいように見えるが、特段の資格が必要ない「接客・給仕職」で5・93倍、「警備職」も5・74倍の求人があるのだ。現実には年齢や経験などの制約も受けるだろうが、同労働局の担当者は「給与や勤務時間帯など、人によってそれぞれ譲れない一線があるようです。その一線を越える仕事を無理に紹介できませんから」と話す。

なーんだ。最後の一線を守れるなんて余裕綽々ですね。
こんな甘えが許されるなら、まだまだ日本は大丈夫ですね。若者はもっと守ってもらえるんですよね。

最近はおいらの小さい頃と違って、ダメな大人がフタもされずにテレビなどで見られるようになりました。

マジメにやってくのが馬鹿みたいに見える世の中はやめて欲しいです。

家族があるのに派遣切りされてしまったような本当に苦しんでる人は、派遣村にも来てないだろうし、既に何かしらの職に就いてるんでしょうか。そういう人たちを助けるべきなのではないのか?

年越し派遣村、行政支援要請するんだってさ。

実行委員会の関根秀一郎さんは「想定の2倍近い人が集まり、われわれの支援は限界に近づいている。国や自治体には、災害時のように物資の提供のほか体育館を開放するなどの柔軟な対応をお願いしたい」と話しています。

引用元: NHKニュース 年越し派遣村 行政支援要請へ.

いや、災害じゃないし。

写真素材 PIXTA
(c) ふらう写真素材 PIXTA

なんかあまりにも無計画すぎる。この主催団体はいったい何を考えてるんだろう。

そもそも1月5日で終わりにする意味がわからないし。そんな焼け石に水的な支援が何になるんだ?

それに派遣切りされた人がどれだけ集まってるのか、非常に疑問だ。このブログの写真から見ても、非常に玄人の方が多いように感じる。
実際切られた派遣の人たちって地方の工業都市が多いのでは? 東京でやる意味がわからん。

玄人の方々のだーいぶ餌食にされてんじゃないかな。

日本のボランティアって何か間抜け。政治的な香りがしちゃってるし……。

[関連サイト]
ついに開村式!派遣村始動しました – 年越し派遣村.

2008年を振り返る。

いやはや、今年も残ること30分程度。

2008年は24歳ということで、おいらは本厄でした。記憶に残るレベルの災難はなかったですが、社会は激変しちゃいましたね。いやはや、内定の身としては未だに朝のニュースは怖いですわ。
他にも暗いニュースが年末につれて増えていった感じで、やっぱり夏がターニングポイントでしたね。

うちの家族のニュースとしては、10数年暮らした土地を離れて新しい暮らしを始めたことが一番でしょうか。おいらもこれを契機に一人暮らしをやめましたからね。

おいらとしての最大のニュースは、なんといってもiPhoneの登場。あれのインパクトは凄かった。何せ、新機種が出るたびに生まれていた携帯電話への機種変欲望が消失させられましたから。もう当分おいらはiPhone一筋で大丈夫だと思います。

r0010045

2008年が終わると3ヶ月もすればおいらは社会人となります。
本当は凄い意味のある1年だったのかもしれませんが、今のところコレといったポイント感はありません。何年後かにこの1年での出来事を振り返ることもあるのかもしれませんが。

あー、2009年は激動だ。
年明け最初の目標は、とりあえず修論完成。そして、卒業。
来年は忙しいこと確定ですが、誰かの目を盗みながら、ちゃんとブログは続けていきます。

それでは2008年はホントに僅か、もう何も起こりようがないかと思いますが、良いお年をお迎えください。
では〜。

カネゴン、ニコニコ動画で復活。

各話2分30秒、全24話(毎月18日に更新)のミニドラマで、「約40年前の『ウルトラQ』初登場時とはまったく異なる現代経済社会の中、カネゴンが悪戦苦闘する様子をコミカルに描く」という。同じドラマはCSの「ウルトラ情報局」内でも展開している。

引用元: カネゴン、ニコニコ動画で復活 経済情勢に苦闘 – ITmedia News.

ウルトラマン大博覧会~ROPPONGI天空大作戦~

おいらはウルトラマン世代ではない(ちょうど新作を作ってない時代の子)のであんまりしらないのです。でも、カネゴンは知ってます。出光のおかげかも。

日本綜合地所、内定取り消しの「迷惑料」100万円 。

いったん採用を決めた学生の内定を取り消したマンション分譲大手の日本綜合地所が、取り消した53人に対して100万円を支払うことを決めた。

すでに多くの企業が来春採用の募集を打ち切っており、学生は新たな就職先探しが困難な状況からこの100万円は「企業として誠意を示しておわびしたい」(広報担当者)という同社からの迷惑料となる。

内定取り消しの「迷惑料」として53人に100万円 日本綜合地所(MONEYzine) – Yahoo!ニュース

100万円かぁ~。
そんなもんじゃ足らないと思うけどなぁ。

だって、もう来年度の新卒募集なんてしてないし、再来年度の就活ってことになると新卒じゃないし。
新卒資格を再来年度まで保有するには留年だけど、100万円じゃ私立っ子は足りないだろうし。

人生設計がた崩れだよなぁ…

取り返しがつかないよなぁ…

明日は我が身か!?

テレビ局や新聞社が軒並み経営不振、だってさ。

マイコミジャーナルの「メディアの革命」という記事で、テレビ局各社の中間連結決算結果がまとめられています。これによると、日本テレビやテレビ東京が赤字となったほか、フジテレビを傘下に持つ持株会社のフジ・メディア・ホールディングスやTBSも減収・減益となっていることが触れられています。
スラッシュドット・ジャパン | テレビ局や新聞社が軒並み経営不振、マスメディアの将来はどうなる?.

なんか自分の生活を顧みると、当然の結果に感じる。
ニュースもネット。
エンタメもネット。
暇つぶしもネット。

新聞は全く読んでないし、テレビもテレ東のWBCぐらいしか見ないし。あと、タモリ倶楽部。

新聞は速報性と信憑性がもう皆無。同じようにリスクがあるのなら無料のネットのがマシ。
テレビは老人と主婦のものになってしまった。正直おもしろくないもんな。

うーん、個人的なさようならは済ませた。

というか、赤字という話だけならやることは一つしかないはず。
社員の給料水準が高すぎるだけなんじゃないかなと。
新聞各社、テレビ各社は企業努力をしてる感がまったくないから困ったもんだ。

【参考記事】
新聞離れが明白に、若い年代ほどインターネットでニュースを読む – GIGAZINE.