GR DIGITAL IIのファーム更新第四弾が4月22日に公開

即日公開じゃないのか。
今回はフラッシュ絡みの変更がメインですね。更新を見送ろうかな。

2007年11月に発売しました高画質コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL II」向けに、機能拡張ファームウェアの第四弾を4月22日にリリースいたします。

「GR DIGITAL II」は、2005年10月の発売以来約2年にわたってご好評をいただいた「GR DIGITAL」の後継機で、プロフェッショナルやハイアマチュア、写真好きの方にご満足いただける画質をコンパクトなボディで実現しています。機能拡張ファームウェアは、「GR BLOG」やお客様登録時のアンケート情報などを通じて数多くのお客様からいただいたご意見・ご要望にお応えし、すでにお買い上げいただいた「GR DIGITAL II」を最新の機能にアップデートするものです。今回は、「GR DIGITAL II」向けとしては、2008年3月、7月、11月に続く第四弾となります。

引用元: 企業情報 / ニュースリリース | Ricoh Japan.

パナソニックのLUMIXの新型発表。DMC-FX550が気になるぞ!

DMC-FX550はタッチパネルを採用したFX500の後継機種。3インチタッチパネル液晶はFX500からそのまま、12メガピクセル1/2.33インチセンサー、光学5倍ズーム(25mm-125mm)、720p AVCHD (“Lite”)動画撮影に進化しています。また現行機種でいうLX3に近く、マニュアル露出や絞り優先・シャッター優先AEなどマニュアル操作が充実しています。

e38394e382afe38381e383a3-11

引用元: パナソニックLUMIXにタフ防水&AVCHD Lite対応モデルなど5機種 – Engadget Japanese.

パナソニックのLUMIXコンパクトデジタルカメラの新型の情報がやってまいりました。
おいらはもっぱらコンパクトデジタルカメラはリコーのカメラを使ってきたのですが、DMC-LX3が登場して以来、非常にパナソニックも気になってます。(レンズがライカというのも、ちょっと○なパナソニックのLUMIX、色がこってりなのも○)
でも既に所有しているリコーのGX200とLX3は仕様がかぶってしまうわけで、ぐっと堪えているわけでございます。

んで今回発表された新モデルたちのかなかで、DMC-FX550がマニュアル操作ができるとあって非常にグッと。光学ズームをはじめ基本仕様がGX200を凌駕しているし(センサーサイズがちょいと小さいは×)、顔認識オートフォーカスに、最近はやりのHDムービー機能も搭載(しかも手振れ補正!)。そっして、わずらわしいレンズキャップがない。
最後のが、おいらにとっての一番のチョイスポイントです!(え

その他の機能は動画にも対応したiAモード、動画手ブレ補正、2 CPUで走る Venus Engine HDなど。静止画では個人の顔を覚える顔認識が加わりました。人間の顔らしきパターンを認識するだけでなく、何度かおなじ人物の写真を撮ることで知った顔をカメラに登録することが可能。登録された人物がフレームに入ると登録名を表示してフォーカス・露出を優先する仕組み。顔を覚えられない人にはうらやましい機能です。

コンパクトデジタルカメラは渋いデザインで、マニュアル操作出来れば十分と思ってたおいらですが、最近は人の顔がきれいに撮れて、きれいなムービーが撮れること、そしてシャッターチャンスを逃さない機動性が案外重要だと気づかされてしまったのです。全部入りも一台手元にあるべきだと。

実写サンプルが楽しみですわ〜。

にしてもDMC-LX3安くなってるなぁ……。買いなのか!!?

Panasonic デジタルカメラ LUMIX (ルミックス) LX3 ブラック DMC-LX3-K

[Photo]銀座四丁目バス停

銀座で写真を撮ることが好きです。

ま、単純に近いからというのもあるんだけど。なんか老若男女いる街というイメージがおいらのなかにありまして、通りや露地も魅力的でシャッターを切りたくなるのですわ。
特にリコーのデジカメを持ち歩くようになってからは非常に頻度高く写真を撮っとります。

Bus stop @GINZA

[GR DIGIGAL II,銀座]

にほんブログ村 写真ブログへ