「ラジオ」タグアーカイブ

ポアロといえば電波歌合戦! あの熱かった時代をもう一度……。

ポアロは、オタクなどをテーマにした数多くの楽曲で知られている。伊福部崇さんと鷲崎健さんが、1996年6月結成した。この年の11月にTBSラジオ「伊集院光のUP’S 深夜の馬鹿力」の「輝け!紅白電波歌合戦」の出演から口コミで人気が高まった。

引用元: アニメのニュースと情報.

「エロ探偵!」

で始まるウルフルズのガッツだぜの替え歌が耳から離れませんな。
このトラウマをおいらに刻んだポアロが今でも活動しているとは、驚きです。いやはや、伊福部さんのプロデュースしたラジオ番組は結構聴いてたんだけどね。
彼のナンセンスさは最高にツボでした。あまたの電波歌合戦出場者の中でおそらくポアロの印象が強烈に残ってるのは、伊福部さんのナンセンスな歌詞と鷲崎さんの魂を無駄に揺さぶる声が原因。
いやー、腹がよじれて大変だったもの。あんなに笑った企画も少ないと思うなぁ。

そうそう。
このポアロを生んだ「伊集院光の深夜の馬鹿力」はここ数年リスナーと交流するような企画もなくなり、明らかにトーンダウンしてますな。伊集院さんも年齢を感じさせるような自虐が多くなってきたのが気になるし。

あの90年代の熱かった伊集院光をもう一度とはいわないから、人生の師として、りっぱなダメ人間を続けて欲しいなぁ。
(のはなしの2巻期待してます)

NO NEGATIVE, NO LIFE.

のはなし

キンキンのラジオ番組、スポンサー撤退で「打ち切り」に。

俳優の愛川欽也さん(74)がパーソナリティーを務める文化放送のラジオ番組「キンキンのサンデー・ラジオ」が15日突然、終了した。番組冒頭、愛川さんが「きょうの放送で番組が終わります」と打ち切りを宣言した。

メーンスポンサーの撤退が原因という。愛川さんは番組で、自らもスポンサー探しに奔走したことに触れた上で「4月から新番組が始まると知り、1カ月半もお通夜のような番組をお送りすることは私の意に反する」と語った。

引用元: キンキン、突然のラジオ番組「打ち切り」 スポンサー撤退が原因 – MSN産経ニュース.

またしてもラジオ番組が消えていきます。
これは放送業界の不況、かなりCM離れが顕著になっているということなのかな。
テレビCMより(録画とかで)とばされてしまうことが少ないから、一定の層には影響力があると思うんだけどなラジオCMは。
ま、しょせんラジオの聴取率は一桁台だけどさ。

ラジオってすばらしいメディアだと思うんだけどなぁ……。なくならないで欲しいなぁ。

トラック野郎 爆走一番星 [DVD]

コサキンが終わるのか…、いつかは伊集院も終わるんだよな。

TBSラジオの長寿番組「コサキンDEワァオ!」(土曜深夜0・0)が3月28日の放送で終了し、27年半の歴史に幕を閉じることが2日、分かった。

タレント、小堺一機(53)と関根勤(55)の“コサキン”コンビによるゆる~いマニア的トークで、1981年10月の放送開始以来、幅広い世代から人気を集めてきた。が、複数の関係者の話を総合すると、固定メンバーであまりに長く放送したため、ここで歴史にひと区切りつけようと同局が英断を下したという。ただ、固定リスナーが多く、惜しむ声が続出しそう。

引用元: TBSラジオ「コサキン」27年の歴史に幕 – 芸能 – SANSPO.COM.

リスナーだったわけではないけど、凄く残念。
ラジオバラエティの長寿記録を追求して欲しかった…

コサキンが終わるということは、伊集院の深夜の馬鹿力にもいつか終わりがあることを実感させられた気がする。実際、伊集院の日曜日の秘密基地は終わったわけだし。(本人の意向だけどさ)

ラジオ番組はテレビ番組と違って、低聴取率でも、粗相があっても、番組を楽しみしているリスナーがいる限り、簡単には終わらないというイメージがおいらにあったのでショックだったのでした。

コサキン本 中2の放課後 ~2人合わせて100才~