ノートパソコンで威力を発揮しそう。USB接続のサブ液晶ディスプレイ !

バッファローの「FTD-W71USB」は、USB接続の7インチワイド液晶ディスプレイ。解像度は800×480ピクセルです。
パソコンとはUSBケーブルで接続するだけでいきなり使えちゃいます。

引用元: デスクトップにちょこっと置きたい7インチサブ液晶ディスプレイ : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ.

これはいい! ほしーぞ!!

おいらは大学でパナソニックのR4を使っておりまして、ディスプレイは10インチ。
正直狭いわけでございます。
おうちではMacBookを使っておりまして、ディスプレイは13インチ。
正直狭いわけでございます。

メッセンジャーに何か着信したり、Twitterに何か着信した時。ウインドウの嵐の中からそれを見つけ出すのが煩わしいかぎりでございますよ。

特に文章を書いてたりして集中しなければならない時なんかはもう。
どうにもこうにも何が着信したのか気になって気になって、スルーすることが出来ないおいらは、サクッと流し見で確認できるような環境がないと集中なんか出来やしません(ダメ

そんな時に、常にメッセンジャーとTwitterクライアントがだされているサブディスプレイが脇にあったらどんなに便利なことでしょう。他にも映画を流し見したり、iTunesを開いておいたり、使い方はドンドン思いつくわけです。スライドショウを流しておくのもいいかも~。

うん。

これとりあえず買おう。

バッファロー 7型ワイド USB2.0用 液晶ディスプレイ FTD-W71USB

バッファロー「LS-CL」でTime Machine。

「LS-CL」シリーズは、ネットワーク接続タイプのHDD(NAS)だ。サイズは幅45×奥行き156×高さ175mmで、コンパクトに設置できる。
インターフェースは1000Base-T対応 Ethernet端子。ルーターに接続すればLAN内で共有できるほか、マシンのイーサネットポートに直接接続しても使用可能だ。Bonjour機能に対応しており、Macならルーターに接続するだけで、特に設定をしなくても「共有」に現れる。

iPhoneでもTime Machineでも使えるNAS 「LS-CL」

Time Machine用にLS-C1.0TLを買いました。設定も簡単でした。もうドンドンバックアップされてます。

ただ注意を一つ。バッファローには同じようにNASの「LC-HL」シリーズがあるのだけど、これはTime Machine非対応なのだ。LC-HLはACアダプター内蔵の商品だったので、こっちのがいいじゃんと、あまり比較検討せずに買ってしまったのです。だって、ACアダプターなしは省スペースで嬉しいですから。

……。

返品させていただきました。ヨドバシカメラの店員さんの寛大な対応に感謝いたします。