「カウボーイビバップ」がキアヌ・リーブス主演で実写化。

ハードボイルドな雰囲気とジャズをベースにしたBGM、質の高い演出などで高い評価を得ているSFアニメ「カウボーイビバップ」が、キアヌ・リーブス主演で実写映画化されることが発表されました。人気アニメを実写映画化するにあたっては賛否両論巻き起こることが多いですが、キアヌ・リーブスが主人公スパイクをいかに演じるかというのはかなり楽しみなところです。

引用元: 人気SFアニメ「カウボーイビバップ」、キアヌ・リーブス主演で実写映画化 – GIGAZINE.

な、何ともいえない。

たしかにカウボーイビバップの主人公の名前は「スパイク・スピーゲル」だから、白人であってもいっこうに不思議ではないのだけどね。やっぱりアニメを見ているときって、主人公がどんな名前でもおいらは日本人であるような錯覚のもと鑑賞しているなぁ。

でもまぁ、ドラゴンボールよりはなぜか期待できるような気がする。なんかカウボーイビバップの作品観的に許容範囲が広いというか、ある程度のずれはてファンとして受け入れられそうなのです。
SFだということもあって、ハリウッド的な解釈も結果オーライになってくれそうな気がするしね。

ん。キアヌはスパイクの髪型を真似するのか?? →コレ
ちょっとあり得ないかw

COWBOY BEBOP DVD-BOX (初回限定版)

「DRAGONBALL EVOLUTION」のテーマソングを浜崎が。

歌手、浜崎あゆみ(30)が、人気漫画「ドラゴンボール」をハリウッドで実写化した映画「DRAGONBALL EVOLUTION」の全世界テーマソングを歌うことが9日、分かった。映画は世界60カ国以上での公開が決定しており、あゆが本格的に世界進出に乗り出す。

あゆ「ドラゴンボール」全世界テーマソング (1/2ページ) – 芸能 – SANSPO.COM

影山氏なみのシャウトを期待する。

というか、映画の予告編を見た結果、もう脳内でハリウッド版などなかったことに変換したので誰が歌おうと関係ないです。
ハリウッドといい、日本の音楽業界といい、ファンのことは盛大に無視だよなぁ。

[関連エントリー]
ドラゴンボール・エボリューション、予告編。 | きになろぐ