映画「チェ 28歳の革命」を観てきた。

チェはスペイン語で「ねぇ君」という意味らしい。
チェ・ゲバラについてWikipediaで予習をしてから挑みました。

が……。

普通の戦争映画でした。

彼の思想などはほとんど語られず(カストロの思想についても語られない)、ただただ苦しい戦いを勝利に導いた英雄として描かれています。拍子抜け。
主演のベニチオ・デル・トロは賞を取ってるだけあって、すごく自然でよい演技だと思いましたが、映画としてはどうなんだろう。

でも、おいらにとってチェ・ゲバラに興味を抱くには十分な内容でした。
ちょっと本でも読んでみます。

[参考サイト]
映画『★CHEチェ 28歳の革命 | 39歳 別れの手紙』公式サイト.
チェ・ゲバラ – Wikipedia.

革命戦争回顧録 (中公文庫)