WWDC2009基調講演終了。よし、iPhone Dockを買う。iPhone 3GSは6月26日AM8:00日本デビューか。

実況をフォローしようと思っていたのですが、寝ました。
今回もやらかすとは…。
んで、5時前くらいに飛び起きまして、今回のアップルの基調講演内容を理解しました。
今回もブロガーさんの情報の早さにびっくりだす。

新IPhone(iPhone3GS)、iPhone OS 3.0がちゃんと発表されましたね。他にも、MacBookシリーズの再編とアップデート。Snow Leopardに関してもあって、ホント盛りだくさんでしたな。
iPhone3GSは、日本での発売について基調講演では何も言及がなったようですが(ソフトバンクからも現時刻では何もなし)、Appleのサイトには微妙に言及があったので、SS保存。6月26日AM8:00でファイナルアンサー??

iPhone3GS, debut? on 6/26AM8:00 in JAPAN

(情報ソース→http://www.apple.com/jp/retail/)

んで、今回最大のうれしい情報は、おいら的には以下でした。

・現行のiPhone 3Gと全く同じです。

デザイン、サイズとも、全く同じ。よって、ケース類も全くそのまま使えるはずです。

誰だ〜、背面マットとか言ったのは!?何か、マット⇔ツルツルの法則だ!! …ほんとすいません..。

引用元: iPhone FAN (^_^)v: 徹底解剖!! これが「iPhone3G S」だ!!(買いますか?アンケート付).

そう、全くデザインが変わっていないということ。
iPhoneのためのアクセサリーをかなり購入してるんですよねー。デザイン変わったときには目が当てられなかったというもの。
その上に、裸で使うようになってからこのかた、純正のiPhone Dockが欲しくてたまらなかったりしたのです。
この情報のおかげで、iPhone Dockを気持ちよく購入できますよー。

それにしても、iPhone 3GSは正直地味ですね。世間ウケはしなそうだなぁ@日本
だけどおいらは全く外観が変わらずにハードスペックが順当にパワーアップしていて驚きを隠せません。
やはりバッテリーの改善やコンパスの搭載、カメラのAF&ビデオ対応はソフトウェアアップデートではどうにもなりませんからー。それらの機能を使ったアプリが出たら欲しくなっちゃうんだろうなぁー、と。

いやいや、その前にMacbookのアップデートだろう、ドロンコよ(汗

/////追記:2009/06/09 6:25/////
従来比2倍の動作速度、Appleが新モデル「iPhone 3G S」発表 – 日本は26日発売 | 携帯 | マイコミジャーナル.
↑ ソフトバンクからで確定?信じていいのかな。情報源は??

ソフトバンクがiPhone 3G 8Gバイト版を実質0円に。6月に何かがあるな、これは。

ソフトバンクモバイルは2月25日、2年契約をすることで、iPhone 3Gの実質負担額を安くするキャンペーン「iPhone for everybody」を発表した。キャンペーン期間中は、iPhone 3G 8Gバイト版の実質負担額が0円、16Gバイト版の実質負担額は1万1520円になる。

引用元: 2年契約でiPhone 3G 8Gバイト版が実質0円──「iPhone for everybody」キャンペーン – ITmedia +D モバイル.

このキャンペーン、iPhoneの普及を促すものではなく、在庫を処理しようとしているように感じるのはおいらだけではないはず。既存のユーザーが割引サービスを利用する場合、新たに2年間の機種継続利用を約束させるなんて、においすぎだ。

こりゃ、6月にiPhoneがらみで何かが起こることは間違いないな。 

ソフトバンクモバイルは2月25日、2年契約をすることで「iPhone 3G」の本体価格を値下げし、パケット定額フルの月額上限額を4410円とする期間限定のキャンペーン「iPhone for everybody」を発表した。申し込み受付期間は2月27日から5月31日まで。

考えられる事態は大きく二つ。

1.6月には新型iPhoneが登場する
2.ソフトバンクの独占販売が近いうちに終了する。

この両方が起こるのではないかなとおいらは推測するわけです。
1は最近の噂を鑑みるにほぼ確定かなと考えておりまする。まぁ、モデルチェンジとまで行かなくても何かしらのリニューアルはしてくるだろうなと。これまでのiPhoneのモデルチェンジ間隔からも間違いないはず。
んで、2です。おいらは今回のソフトバンクのキャンペーンの開始はこれが大きく関係しているのではないかと思うのです。根強い噂のあるドコモからの登場。最近は3月とかいわれてますが、ここまで来てしまったらおそらくそれはないでしょう。しかし、このソフトバンクの動き。ソフトバンクは新型の情報をアップルから得ると共に、ドコモからも新型はでるような情報を知ったのではないかなと。
そして、新型の登場と共にせっかく先行投資して獲得した既存のiPhoneユーザーが、新型iPhoneと強い回線を求めてドコモに流れていくことをソフトバンクはおそれた。それが在庫処分でしかなかったキャンペーンにあわせて、既存ユーザーをパケット定額値下げと引き替えに新しい2年契約で縛り上げるキャンペーンを思いつかせたのではないかと、おいらは考えるのです。

ま、タダの妄想ですので。けど、おいらはドコモからiPhoneが出る事態があれば真剣に検討すると思います。実際地方のiPhoneユーザーはだいぶ流れるのではないでしょうか。
おいらは関東にすんどりますが、ソフトバンクの回線の遅さという実際的な問題から、企業としての不安定さという市場的な問題から、かなり不安がよぎっているので……。

ソフトバンク「常識外」の成功法則