リコー、「GX200」のファームウェアを公開

リコーは9日、コンパクトデジタルカメラ「GX200」の最新ファームウェアを公開した。ウェブサイトから無償でダウンロードできる。バージョン番号は1.2。

更新内容は、1:1の画像を拡大再生した場合、右下に表示される位置表示窓内の表示枠が、右端まで移動しない現象の修正。

リコー、「GX200」のファームウェアを公開

今回は修正だけかぁ。ちょっと残念。
リコーのデジカメはファームウェアのアップデートによる機能向上や改善が頻繁にあるから嬉しいですな。
ユーザーに凄い近いメーカーだなぁ、といつも感心しちゃう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA