クラックが発生していたので、iPhoneを交換してきました。

どうもドロンコです。
おいらのiPhoneも多くの白iPhoneと同じようにクラックが発生しました。ちょうど消音ボタン(マナーボタン)のあたり。
実はだいぶ前から気づいたはいたんだけど、修論に時間をとられて、ジーニアスに相談に行けなかったわけです。んで、修論も終わってヒマになったわけですから、行ってきました。今さっき。

実はこのエントリー、アップルストア銀座の3Fで書いてます。
相変わらず対応の良いジーニアスさんにばれないようにw

結論から言いますと、新品に交換してもらえました。

ほんとうにあっさりと。
担当してくれたジーニアスさんに曰く、昨日も一台交換したそうな。詳しく聞いてみると、やっぱりクラックは白ばかり報告されること、アップルの公式のスタンスとしてはクラックは仕様であることを教えてくれた。ちなみに、この仕様ということにはジーニアスさんも納得いかないといっておりました。
そのこともあってか、交換するときにかなり確認されたことは、このクラックによる交換は1回しか適用できないということ。そして、仕様であるが故、そのうち交換したiPhoneにも似たような症状がでる可能性があるということ。

ふむ。これはやっぱり材質の問題なのですかね?

ジーニアスさんに聴いてみたけど、これには苦笑いされてしまいました。
こりゃ、白iPhoneを使ってる方は覚悟しておくしかないようですよ。
ちなみにジーニアスさん曰く、クラックの起きやすい部分は、消音ボタン部分、音量ボタン部分、SIMカード挿入口部分だそう。なんとなく予想通りの場所ですね。

それにしても、無料で交換してくれてしまったわけですが、相も変わらずレシートを渡されました(笑)
実際は無料ですが、手続き上必要なのでしょう。そのレシートには¥31,238-との記入がありましたよ。高っ!?

iPhoneは大事にしましょう……。
過失とされたら修理なんて出来ないなマジで……。

iPhone 3G Perfect Manual

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください