コサキンが終わるのか…、いつかは伊集院も終わるんだよな。

TBSラジオの長寿番組「コサキンDEワァオ!」(土曜深夜0・0)が3月28日の放送で終了し、27年半の歴史に幕を閉じることが2日、分かった。

タレント、小堺一機(53)と関根勤(55)の“コサキン”コンビによるゆる~いマニア的トークで、1981年10月の放送開始以来、幅広い世代から人気を集めてきた。が、複数の関係者の話を総合すると、固定メンバーであまりに長く放送したため、ここで歴史にひと区切りつけようと同局が英断を下したという。ただ、固定リスナーが多く、惜しむ声が続出しそう。

引用元: TBSラジオ「コサキン」27年の歴史に幕 – 芸能 – SANSPO.COM.

リスナーだったわけではないけど、凄く残念。
ラジオバラエティの長寿記録を追求して欲しかった…

コサキンが終わるということは、伊集院の深夜の馬鹿力にもいつか終わりがあることを実感させられた気がする。実際、伊集院の日曜日の秘密基地は終わったわけだし。(本人の意向だけどさ)

ラジオ番組はテレビ番組と違って、低聴取率でも、粗相があっても、番組を楽しみしているリスナーがいる限り、簡単には終わらないというイメージがおいらにあったのでショックだったのでした。

コサキン本 中2の放課後 ~2人合わせて100才~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください