ソニーの会心の一撃、「VAIO type P」が出た! 久々の物欲がムクムクと!!

ソニーは、封筒サイズの超小型ノートPC「VAIO type P」を1月16日より順次発売する。価格はオープンプライス。

ラインナップは、FOMAハイスピード対応ワイヤレスWAN(GPS内蔵)を搭載する「VGN-P80H」(2月中旬発売)、ワンセグチューナを搭載する「VGN-P70H」(1月16日発売)の2機種で、店頭予想価格はいずれも10万円前後の見込み。本体色はVGN-P80Hがクリスタルホワイトの1色、VGN-P70Hがクリスタルホワイト、ガーネットレッド、ペリドットグリーンの3色が用意される。

引用元: ソニー、封筒サイズの“ポケットスタイルPC”「VAIO type P」.

おもしろい商品だ! かっこいい!!
そして、安い!!!

スペックとしては特徴的な画面解像度(1600×768!)とHD動画再生能力。
基本スペックがAtomを採用などネットブックと同じなのに動画再生用のチップを実装して、動画再生を実現してくるとは。パンチ力あるなぁ。

こう、持ってるいることが心を満たしてくれそうな商品。iPhone以来だ。

そうそう、おいらの注目は、DoCoMoのWANがオプション(VGN-P80H/Wは搭載済み)で用意されてること。買うとしたら絶対に載せたい。この小ささで独自にネットに接続できるとなると、最強のブロガーツールだね。
キーボードは相当気合いが入ってるみたいだから心配ないだろし……、ほしいなぁ。

画面の大きさが気になる方はshino-blogさんのところのVAIO Type P 液晶解像度エミュレータで確認してみるといいかも。
結構大丈夫な感じ。おいらは無問題。
やっぱりブラウザーを2画面表示するというコンセプトは間違ってないね。片面800×768の解像度があるのは非常に有効だ。

春までには、買う!……かも。

[関連記事]
Digital Life Innovator: 超小型ノートPC VAIO type P発表.
ソニーがミニノートに参入!10万円、横長ボディーの「VAIO type P」は1月16日発売 – デジタル – 日経トレンディネット.
VAIO Type P 液晶解像度エミュレータ.
type P | 製品情報 | 個人向け | VAIOパーソナルコンピューター | ソニー.

“ソニーの会心の一撃、「VAIO type P」が出た! 久々の物欲がムクムクと!!” への 1 件のフィードバック

  1. すみません。ちょっとサイズを間違っていました。
    もう一度ご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA